佐世保市 動物病院

みわ動物病院【三根獣医科医院】 佐世保市 動物病院 ワクチン フィラリア 避妊 犬 猫 ウサギ フェレット

皆様からの声

皆様頂いた喜びの声

HOME > 皆様からの声 > 皆様頂いた喜びの声

胆嚢の摘出手術をさせて頂きました。

佐世保市にお住いのベルちゃん。
以前の健康診断の際に見つかっていた胆嚢の病気がさらに悪化し、胆嚢粘液種という状態になりかかっていました。現時点では症状はなかったのですが、まだ若いこともあり今後症状がでる可能性が高いと思われたため、飼い主様との相談の結果、胆嚢の摘出術を実施させて頂きました。 飼い主様からは術前の説明も分かりやすく、納得できてお預けすることが出来ました。入院は最短で自宅に帰してくださり家族も愛犬も寂しい思いをせずに済みました。入院中の手厚い看護があってのことだと思います。ありがとうございました。との声を頂いております。

今回のように胆嚢の病気は見た目では分からず、エコー検査で発見することができます。ベルちゃんのように定期的な検査を行っていると病気の早期発見ができます。みなさんも、定期的な健康診断を考えてみられてはどうですか? 胆嚢の病気については詳細ページにて。

肝臓には胆嚢という消化液を一旦貯めておく袋があります。胆嚢内の消化液は本来流動性のある液体ですが、それが泥状(胆泥症)になり、さらに悪化するとゼリー状(粘液嚢腫)になっていく病気があります。ゼリー状にまで悪化すると食欲不振、嘔吐、腹痛などの激しい症状が起こります。 胆嚢の悪化はエコー検査をしないと気付けず、ほぼ前触れがなく突然体調不良を起こしてしまいます。また、いったん症状が出てしまうと手術以外の治療法はなく、手術を行っても助けられないこともある怖い病気です。 ポイントとしては定期的な健康診断を実施して早期発見し、必要であれば悪化を防ぐお薬を使い、それでも悪化してくるようであれば、症状が出る前に手術を実施することです。症状が出る前か後かで手術の成功率が大きく異なります。 現在までに数十頭のわんちゃんに手術をさせて頂いてますが、症状が出る前に手術が出来れば現在の実績としては全頭安全に行えています。 胆嚢の周りには血管が多く、切除するには出血のリスクがあり、また胆嚢はお腹の奥にあるので手術がしにくく比較的難易度が高い手術になります。しかし、当院では超音波乳化機などの特殊な機械があるので、安全にかつ手術時間の短縮が出来ます。
また、今回は寂しがり屋のベルちゃんを早くお家に帰して欲しいという要望もあり、手術の痛みを考慮して麻薬による痛み止めを行いました。麻薬は適切に使用すると副作用はなく、従来の痛み止めと比べはるかに鎮痛作用が強く、術後の食欲や元気の回復がはるかに早くなります。 写真は摘出した胆嚢です。

皆様頂いた喜びの声
皆様頂いた喜びの声 皆様頂いた喜びの声 皆様頂いた喜びの声
このページの先頭へ